FX 統計学で儲ける

FXに統計学を使って儲ける

技術の世界では品質管理が重要なことは言うまでもありませんが、品質管理では統計学がよく使われます。統計学って、標準偏差がどうの、確率変数がどうの、工程能力指数がどうのこうの、などと難しい用語が飛び交うあれですか。そうあれです。

品質管理では、この統計学が結構有効で、いろんな場面で使えます。今の品質が良いのか悪いのか、単に偶然悪くなっているだけなのか、いやいや何か理由があって悪くなっているのか。なんて、統計学で解析すれば、人の感覚ではなくて客観的に数学的に把握できるのです。

特によいことは、統計学を使えば「今後どのようにすべきか」を的確に判断することができます。統計学はすぐれものなのです。うまく使えばね。

この統計学をFXの世界に適用しようというのが、このコーナーです。

関連記事

FXに統計学は役に立つか
これから上がるか下がるか (ほぼ毎日更新中)
実際にやってみた(実験結果)

その他の投資関連記事
バイオジェットとは何か―ユーグレナ社のASTM規格取得―
TGR LAND Projectの紹介
Venus Coin Project 貸付&贈与プログラムの紹介
コロナウィルス禍でなぜ為替(FX)が乱高下するのか


 HCARD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。