投資実験結果

実験終了

11月29日にドル/円レートの平均値(1年間)である109.65円/ドルに達したため、予定どおりエグジットして実験は終了しました。

実験は7月9日に10,000ユニットを108.723円/ドル、レバレッジ25倍で購入(投資額43,489円)したところから始まり、約5か月後にエグジットして終了したことになります。利益は22,015円(スワップ込み)となりました。これは年率にして約121%となります。

損益の推移は、下欄をご覧ください。

2019年11月の損益推移

特記事項

4日 ニューヨーク株式市場でダウ平均株価がほぼ4か月ぶりに最高値を更新
5日 日経平均株価最高値を更新

2019年10月の損益推移

特記事項

1日 消費税率 8%から10%に引き上げ
1日 米国ISMS製造業景況指数発表。予想より大幅低下
30日 米国FRB政策金利を0.25%引き下げ

2019年9月の損益推移

特記事項

1日 米国の中国製品に対する制裁関税発動
14日 サウジアラビアの油田施設が爆撃を受け、原油570万バレル/日の生産量減少
19日 米FRB追加利下げ決定

2019年8月の損益推移

8月の特記事項

  • 8月1日 トランプ米政権、中国への新たな制裁関税を発動すると発表
  • 8月5日 米財務省、中国を「為替操作国」に指定
  • 8月13日 トランプ米政権、中国製品への制裁関税について、特定品目の発動を先送りすると発表
  • 8月22日 韓国、日本との軍事情報に関する包括的保全協定(GSOMIA)を破棄することを決定
  • 8月23日 パウエルFRB議長。追加利下げを示唆する発言
  • 8月25日 G7で包括文書まとまらず

2019年7月の損益推移

7月の特記事項

  • 7月8日 予定どおり買いエントリー。(1単位、10,000ドル)円/ドルレートは108.366。レバレッジを25倍にしていますので、投資額は43,346円でした。
    このポジションでの偏差は-2.690、確率変数は-1.630。1年以内に上がる確率は94.84%、下がる確率は 5.16%になります。
  • 7月10日 アメリカFRB長官の発言でレートが急落

関連記事
FXに統計学は役に立つか
これから上がるか下がるか (ほぼ毎日更新中)
その他の投資関連記事
バイオジェットの解説―ユーグレナ社のASTM規格取得―
TGR LAND Projectの紹介
Venus Coin Project貸付贈与プログラム
コロナウィルス禍でなぜ為替(FX)が乱高下するのか

<PR>


 HCARD


1時間で完売を繰り返している超貴重な当店最高峰のブレンド米「翁霞」を使用
「離れて暮らす家族を、日本人のこころである“お米”でつなぎたい。」
家族の絆を繋ぐ贈り物にお米はいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。