1時間5,000円の経営相談

なぜなぜ分析による経営課題の解決支援

なぜなぜ分析の手法を使って、さまざまな経営課題やトラブルの真の原因を追究し、有効な解決手段を提案します。

なぜなぜ分析はトヨタによって開発された、問題解決手法のひとつです。工場でトラブルが発生した時に、そのトラブルの原因に対して「なぜ」「なぜ」と何度も「なぜ」繰り返して真の原因を見つけ出し、その真の原因に対して対策をとる手法です。

どんなことに使えるのか

もともとは工場内での操業問題や品質トラブルに対して再発防止のために行われてきた手法ですが、さまざまな経営上の課題に対しても有効な手段です。たとえば次のような例が挙げられます。

  • 店の売れ行きが落ちてきた。原因を追究して有効な対策を打ちたい
  • 新入社員を募集してもなかなか人が集まらない
  • 新商品の開発がうまくいかない。開発しても売れない
  • 顧客から急に契約を打ち切られた。同じトラブルの再発を防止したい
  • 事務処理上のミスが多く、顧客の信頼を損なっている
  • 対策をとったつもりだが、同じような品質不良が発生する
  • 工場で人身事故が発生した。二度と同じ事故を起こしたくない

どんな支援ができるか

なぜなぜ分析は課題に対して、「なぜ」「なぜ」と繰り返していくだけの非常に単純な分析手法です。一般には数人のメンバーが集まってブレーンストーミングによって「なぜ」を繰り返しながら真の原因を追究しますが、実際にやってみると論理的な分析になっていなかったり、重要な「なぜ」が抜けていたり、メンバー間で意見が対立したり、その他さまざまな原因によって、うまく分析できない場合があります。

タカギチ事務所では、スカイプまたは電話あるいは面談によってなぜなぜ分析を行い、適切なアドバイスを行って、有効な対策案の策定を策定いたします。

料金

1時間以内5,000円、1時間を超過した場合は5,000円の追加。以降、1時間超過毎に5,000円を追加いたします。

また、面談で経営相談を行う場合は、上記の料金以外に、面談実施場所への交通・宿泊費・日当を別途申し受けます。

1時間5,000円の経営相談が終了しましたら請求書を郵送しますので、指定銀行にお支払いください。
※請求時には以上の料金に消費税を加算させていただきます。

1時間5,000円の経営相談を依頼したい

以下のコメント欄に、

  • 相談したい課題の概要
  • 相談を行う日時、方法(スカイプ、電話、面談)、場所(面談の場合)、所要時間
  • その他、疑問点や伝えておきたいこと

を記載の上、送付してください。改めて、日時等をお打ち合わせの上、経営相談を実施させていただきます。なお、なぜなぜ分析にそぐわないなど内容によりましては、相談をお断りする場合がありますので、ご了承ください。

ようこそにもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。