韓国の石油製品のほとんどは日本から輸入している?

ネット上では、韓国は石油製品が国内で作れなくて、ほとんど日本から輸入していると言う話が、まことしやかに流れています。

例えば、Yahoo知恵袋で「韓国、石油輸入」というキーワードで検索してみると、「韓国は日本に石油を頼っているというのは本当ですか?」とか、「韓国は自力で石油を作れないんですか?」とか、「日本が韓国に石油の輸出をヤメるだけで韓国は破綻するのではないのですか?」などという質問が多数みられます。

そしてその解答として、「韓国内には製油所がない」、「製油所があってもウォンに信用がないので原油を輸入することができない」、「韓国内でも石油製品は作っているが、品質が悪くて使い物にならない」など、まるで見てきたような答えをする人がいます。

慰安婦や徴用工の問題に絡めて、韓国に石油製品を輸出しなければよいなどの論調まであります。

しかし、これは私の抱いていている韓国の石油産業のイメージとは全然異なっています。いや私だけでなく、石油の貿易に少しでもかかわった人なら、とんでもない、まったく逆だという感想を聞けると思います。

1.結論

・韓国の石油製品のほとんどを日本から輸入しているというのはまったく根拠のないウソ

・むしろ韓国は石油製品大輸出国である

2.韓国への石油製品輸出量

韓国が日本の石油をどれだけ輸入しているかについては、資源エネルギー庁が発表している石油製品の輸出入統計

見れば明らかです。これによると、平成30年度の日本から韓国への石油製品の輸出は322万㎘です。一方、韓国の石油製品消費量は、ちょっと統計が古いですが、16,376万KLですから、日本からの石油製品の輸入量は韓国の石油製品消費量のわずか2%に過ぎません。

ちなみに、平成30年度に逆に韓国から日本が輸入している石油製品の量は821万㎘あり、これは輸出量の2.5倍。つまり、日本は韓国へ輸出する量の2.5倍もの石油製品を韓国から輸入しているのです。

韓国が石油製品のほとんどを日本から輸入しているどころか、むしろ日本が韓国から輸入している方が多いというのが実態です。

3.間違いの理由

では、なぜそんなウソがまことしやかにながれているのでしょうか。

Zohnamさんのブログを引用させてもらうと、

「韓国の輸入軽油の95%ぐらいは、日本からのものである」という事実があり、これを誤解・誤認した人が2chにレスしたのが原因 ということのようです。

また、2015年02月03日付けの中央日報では、「韓国の軽油市場で輸入軽油が占める割合は2010年の2.6%から昨年は8.1%まで急騰した。業界関係者は物流費など制約要件などを考慮すると韓国の輸入軽油の95~97%が日本産とみれば良い」と報道しています。

つまり、韓国で使われている軽油の8%程度が輸入されていて、この8%の輸入軽油のうちの95%くらいが日本からのものだということです。これが「韓国の石油製品のほとんどが日本から輸入されている」と誤解されて広まっていったのでしょう。

4.韓国は石油製品の大生産国

では、韓国の石油産業はどのようになっているのでしょうか。資源エネルギー庁の報告によると、

韓国の製油所は以下の表のようになってます。

会社名製油所立地原油処理能力
SKSK Energy蔚山98万BSD
SKSK仁川石油化学仁川25.5万BSD
GS-Caltex麗川製油所麗川88万BSD
S-Oil温山製油所温山67万BSD
現代Oilbank大山製油所大山39万BSD

※BSDはバレル/日 1日あたり何バレルの原油を処理する能力があるかを示したもの。1バレル=159リットル

この表からわかるように、韓国は製油所の数が5か所しかありません。日本は22か所あります。しかし、1か所あたりの規模は非常に大きく、最低でも25.5万バレル/D、最大の製油所は98万バレル/Dもあります。これに対して、日本の製油所は最大でも32万バレル/D。平均で16万バレル/Dしかありません。

一般に製油所は30万バレル/Dあれば大きい方で、蔚山のように98万バレル/Dというのは世界的にみてもバカでかい。おそらく世界でも5本の指に入る製油所ではないでしょうか。

このように、韓国の製油所は5か所しかありませんが、石油精製能力は非常に大きく、国内必要量を大きく上回っています。そのため製品が余剰となり、2014年には生産量が16,376万㎘で、輸入が5,186万㎘、輸出が7,136万㎘であり、差し引き1,950万㎘の輸出超過というデータがあります。(JPECレポートより)

韓国石油製品の品質についてもいちいちデータをあげませんが、日本の石油製品とそん色はありません。例えばガソリンや軽油の硫黄分は公害対策としてできるだけ低い方が望ましいのですが、硫黄分をほぼゼロまで下げているのは、アジアでは日本と韓国だけしかありません。(アメリカもまだ達成していません)

5.悪意による誤解

韓国は先進国です。自動車もスマホも半導体も自国で生産しており、その品質も生産能力も世界的に高いレベルにあります。そんな国に、石油精製能力がない、製品の質が悪く使い物にならない、だから日本から輸入しなければならない、なんてことがあるでしょうか。

ちょっと考えればわかることなのですが、日本では何でも韓国のことを悪く考えようという風潮があるので、誤解を生んでしまうのではないでしょうか。

もちろん、韓国の方も何でも日本のことを悪く考える風潮があります。ちなみに、このブログを書いている日(2019年7月2日)には、日本政府が韓国向けの有機ELディスプレーに使われるフッ化ポリイミドなど3品目を厳格な輸出手続きに変更すると報道されました。韓国との信頼関係が損なわれたことを理由に、管理強化に踏み切った考えられています。

今回の措置は両国の話がこじれ、こじれて、こうなった訳で、今後も新たな規制が強化され、貿易が縮小されていくことになるでしょう。

これはお互いの国にとって良いことではありません。少なくとも、「韓国は石油製品のほとんどを日本から輸入している」など、事実とは異なる誤解によって軋轢が生じることは避けるべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。