バイオ燃料のはなし

作物, トラクター, エレファントグラスの, 環境, 工場, バイオマス, 生態学, バイオエタノール


バイオ燃料は生物を原料とした燃料のことです。古くは薪や木炭など人類が昔から使っていた燃料ですが、現在はサトウキビや植物油などを原料として、ガソリンや軽油の代わりに広くつかわれています。最近ではジェット機の燃料として実用化が進められています。

バイオ燃料の原料となる生物は成長するときにCO2を吸収するため、バイオ燃料を燃やして出てくるCO2は原理的に吸収したCO2と同じになります。そのため大気中のCO2を増加させない地球にやさしい燃料として注目されています。

筆者はこの10年間以上にわたってバイオ燃料の調査を行ってきました。その知識や経験をまとめて、バイオ燃料や地球環境問題、自動車燃料などに興味のある人々の参考にしていただきたいと思い、このブログを立ち上げました。

一つの記事を3分程度で読めるように、あまり難しくならないように、あるいはバイオ燃料の裏話やトリビアも混ぜて、読みやすい記事を心がけています。

ご意見がありましたら、どんどんコメントを頂ければ至福の限りです。

(2020年5月30日)

【目次】
2050年に温室効果ガス排出実質ゼロ … でもディーゼル車(トラック、バス)は残すべき
バイデン当選で流れが変わるか/シェールオイルからバイオエタノールへ
バイオ燃料は人類最古のエネルギー源
バイオエタノールはちょっと変わり者
いまさら聞けないアルコール消毒液のはなし
自動車用バイオ燃料は終わった? そういえばバイオエタノールはどうなった
藻類で日本は産油国になる? 無理(オーランチオキトリウム)
バイオジェットとは何か―ユーグレナ社のASTM規格取得
うんこでジェット機が空を飛ぶ-しかも地球に優しい
バイオディーゼルはなぜ成功したのか-作り方が石鹸と同じだったから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。