見出し画像

今年1月30日、ユーグレナ社はバイオジェット燃料の製造技術の国際規格であるASTM D7566規格の新規格を取得したと発表しました。さらに、2月3日付で、国土交通省の通達「航空機に搭載する代替ジェット燃料(ASTM D7566 規格)の取扱いについて」の一部が改正・施行されたことにより、ユーグレナ社のバイオジェット燃料の実用化が一気に現実味を帯びてきました。

これを受けて、2月5日には、ユーグレナ社の株が急騰。国産のバイオジェット製造技術がこのような進展を見せたことは、大変喜ばしいことだと思います。

ユーグレナってミドリムシから作る健康食品の会社じゃなかったの。それがどうして燃料、しかもジェット燃料(バイオジェット)を作ろうと言うのでしょうか。そもそもバイオジェットって何?という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

今回は、バイオジェットとは何か。どうやって作るのか。について解説したいと思います。ユーグレナ社に投資したいと思っているあなた、あるいは再生可能エネルギーや地球環境問題に関心のあるあなた、ちょっと読んでいただければ参考になるかと思います。

1.ジェット機の燃料は何?=ジェット燃料

ジェット機の燃料はジェット燃料という石油から精製された燃料油が使われています。ジェット機といえば、例えば世界最大の旅客機エアバスA380(トップ画面の飛行機)の場合、重量が500トンを超え、600人の乗客を乗せることができます。

そんな、巨大な旅客機を、10,000mの高空まで持ち上げ、時速1,000㎞の音速に近い速度で飛ばすのがジェット燃料。なので、ど~んだけすんごい燃料かと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は中身は灯油です。

皆さんのご家庭で暖房用に使われている、あの灯油と基本的に同じものなのです。いやいやジェット燃料はケロシンだと聞いた という人もいらっしゃるかもしれませんが、ケロシンは英語、日本語にすれば灯油。同じものです。

ただ、ふつーの灯油とは違って、やや規格が厳しく、低温でも固まらないこと(飛行機は気温の低い高空を飛ぶので、固まらないように)や静電気を逃がしやすいこと(静電気火花で火災が起こったら大変)が要求されるので、フィルターで水分を除去したり、帯電防止剤を加えたりしますが、基本的にはほとんど灯油。暖房用の灯油とほとんど変わりません。

(注)軍用のジェット燃料は灯油より少し沸点範囲が広くて、ガソリン成分も含んでいます。

灯油の化学的な成分は炭化水素と呼ばれるものです。もっと詳しく言えばパラフィン系炭化水素と呼ばれるもので、炭素が9個から15個くらい鎖のように繋がったもの。その周りを水素がくっついているという形をしています。

図―1 灯油の化学構造

灯油はもちろん原油を精製して作ります。まず、原油を蒸留して、沸点が170℃から250℃くらいの物を取り出します。これを粗灯油と言います。この粗灯油には、硫黄や窒素の化合物が含まれているので、水素化精製法と呼ばれる方法で、この不純物を取り除きます。

また、粗灯油にはパラフィン系炭化水素だけでなくオレフィン系やナフテン系と呼ばれる炭化水素が含まれていますが、これも水素化精製によって、パラフィン系に転換します。

こうやってできた精製灯油に、先ほど述べた帯電防止剤などの添加剤を加えて、ジェット燃料にしています。ここまでが従来型のジェット燃料の作り方です。

このラインより上のエリアが無料で表示されます。

2.バイオジェットはなぜ必要か=ドロップイン燃料

このようにして石油からジェット燃料が作られるわけですが、燃やすとCO2

この記事は以下有料(100円)です。つづきを読みたい方は以下をクリックしてください。(noteへ移行します)
つづきを読む

目次
 1.ジェット機の燃料は何?=ジェット燃料
    図ー1 灯油の化学構造
 2.バイオジェットの必要性=ドロップイン燃料
    図―2 国際航空からのCO2排出量予測と排出削減目標のイメージ
 3.バイオジェットとは何か=カーボンニュートラル
 4.どうやって作るか=水素化
    図―3 油脂の化学構造
    図ー4 ワックスエステルの化学構造
 5.何が難しいか=バイオジェットのアップグレーディング
 6.競合他社=ほかにもバイオジェットを開発中の企業がある
    図―5 ジャトロファの種子(写真)
    表-1 世界のバイオジェット開発企業一覧
 7.今後の課題=コストダウンが重要

(2020年2月9日)

関連記事
石油はあと40年で枯渇する?
水素は海水からとりだせば無尽蔵のエネルギー源になる
藻類で日本は産油国になる?(オーランチオキトリウム)
アメリカ海軍は海水から燃料を取り出す技術を開発した?
その他の投資関連記事
FXに統計学は役に立つか
これから上がるか下がるか (ほぼ毎日更新中)
実際にやってみた(実験結果)
TGR LAND Projectの紹介
バイオ燃料は人類最古のエネルギー源


1時間で完売を繰り返している超貴重な当店最高峰のブレンド米「翁霞」を使用
「離れて暮らす家族を、日本人のこころである“お米”でつなぎたい。」
家族の絆を繋ぐ贈り物にお米はいかがですか。