ブログ記事「アンモニア発電…マスコミが報道しない問題点」へのご批判について

ブログ記事「アンモニア発電…マスコミが報道しない問題点 このままではかえって温室効果ガスが増えてしまう」について、PoPeyeさんから以下のようなご批判のコメントをいただきました。貴重なご意見で、通常の回答欄では狭すぎるので、この記事の形で回答させていただきます。このようなご批判のコメントも誹謗中傷でなければ大いに歓迎です。

まずは、PoPeyeさんのコメントの全文から
*******************************************************
>「アンモニア発電が実はCO2排出増につながるという間違った認識を与える」と受け取られたのなら、申し訳ありません。
いやいや、間違った認識を与えるために一方を報道しない新聞のやり方そのものじゃありませんか。
>ブルーアンモニアを製造している工場は世界中どこにもありません。
とかね。
今アンモニア原料になるグリーン水素を作るプラントの開発、触媒の開発などいろんなプロジェクトが世界中で進んでいることに触れようともしない(タカギチさんが知らないとは思えないですが)。
アンモニア発電を否定的に書くよりはにEV EVと騒がせておきながら(日本の自動車産業にフェイントかけながら)グリーン水素に日本より遥かに巨額の研究開発投資しているEU、LNGのように扱える液化アンモニアにして世界のG水素供給基地になろうとしているオーストラリアの動向などを紹介することで、G水素の開発投資にまだまだ腰の入れ方の少ない日本政府の尻を叩く方向に持っていくほうがよほど一般の人にも啓蒙となると思いますよ。
化石賞では日本の火力発電にアンモニア混焼を導入したらそれだけで現在の世界中のアンモニア生産量を超えると言って揶揄したそうですが、当たり前です。今のアンモにはほとんどが肥料の原料ですからね。エネルギーとして消費される石油石炭LNGと比べれば微々たるものですから。日本人に技術的な主導権を取られたくない西洋人の底意地の悪さを感じます。
自工会の豊田会長が自動車業界のみに単にEVシフトさせたって500万人の自動車産業の雇用は守れないと発言したのをトヨタの社長が泣き言を言ったととらえた一般の人も多かったようですが、この辺もグリーン水素に向かってる世界動向の情報が少ないからだと思います。
ひょっとしてタカギチさんも日本人が希望を持つことが気に入らない側の人ですか?
********************************************
私がこのコメントを読ませてもらって、まず思ったのは私が事実を誤認しているとか、計算が間違っているというご批判ではないかと言うことですが、そうではなかったことに安堵しました。(汗々)

Popeyeさんの主張は、コメントの最後に書かれているように「日本人が希望を持つのが気に入らないのか」というご批判だと思います。なぜおまえはアンモニア発電を悪くいうのか。アンモニア発電の悪いことばかりあげつらって、今後の可能性を書かない。日本がグリーン水素に向かうという希望に水を差すものだ。もっとアンモニア発電について前向きの記事を書けよ。ということではないでしょうか。

いえいえ、そんなことはありません。私は希望を持つなとはいいません。逆です。私もこれからの水素やアンモニアに大いに期待しています。ただし、いいことばかりを言うつもりはありません。水素やアンモニア、その他の技術は厳しく育てたい。「愛のむち」そんなところです。

この記事を書いた経緯をちょっと書かせてもらいます。
私は、永らくバイオ燃料の調査の一環としてバイオ燃料の原料となる植物を探していました。そこで、農学部の先生やLCAの研究者から言われたのは、化学肥料を使ってはだめですよということでした。化学肥料の原料となるアンモニアは製造過程で大量のCO2を出すので、バイオ燃料のCO2削減効果を帳消しにしてしまうからです。

ところが、昨年10月、燃料アンモニア導入官民協議会が立ち上がり、アンモニアを燃料として普及させていこうということになりました。アンモニアを燃料として使うことは確かに興味ある発想です。しかし、すぐに頭をよぎったのが農学部やLCAの先生から言われたアンモニアは製造過程で大量のCO2を発生させるということでした。

そこで、アンモニア製造工程で出てくるCO2の量を計算してみたら、確かに大量のCO2が出てきます。この結果、石炭火力発電所でアンモニアを混焼することによるCO2削減効果を帳消しにしてしまい、さらに多くのCO2を発生させてしまいます。これではいけないと思ってブログ記事を書いたというわけです。

決して、アンモニア発電に恨みがあるわけでも、日本の夢を壊そうとしているわけでもありません。アンモニアを作るときに発生するCO2を忘れてはいけませんよ(特にマスコミ)という記事です。

もちろんCO2を発生させないアンモニアも作れますが、現在のところアンモニアは石炭や天然ガスから作られており、大量のCO2を排出します。

「アンモニア発電が実はCO2排出増につながるという間違った認識を与える」とご指摘ですが、間違った認識ではありません。このまま従来のアンモニアを発電に使えば確実にCO2排出増につながります。(ちゃんとブログの表題にも「このままでは」と書いているはずですww)

また、「CO2を発生させないアンモニア製造方法は現在どこにもない」とも書きました。これもウソではありません。どこにもありません。PoPeyeさんがおっしゃるように、オーストラリアなどで水素を作ろうという話はあります。しかし、実績があるのは褐炭を使った水素製造ですから、大量のCO2が出ます。

このCO2をCCSで地中に埋めてしまおうという話もありますが、現在のところまだ構想段階に過ぎません。さらには、このCO2を出さない水素からアンモニアを作るという段階になると、「一応、話題には上っている」程度でしかありません。

アンモニア発電とCO2を出さないアンモニアの作り方は車の両輪なのに、製造の方がおろそかになっていると私は感じています。アンモニア発電を推進している企業の技術者たちはアンモニアの調達までは自分の仕事ではない。だれかがやってくれるだろうと考えているのではないでしょうか。でも、それはいつ、どこで、だれなのでしょうか。

そして、私が一番心配しているのはアンモニアが石炭火力の延命の口実にされるのではないかということです。

例えば、電源開発は老朽化した松島石炭火力発電所を改修して新しい石炭火力発電所にすると言っています。この発電所はアンモニアなどを導入することでCO2発生を抑えると説明しています。
https://www.jpower.co.jp/news_release/2021/04/news210416_2.html

これに対して気候ネットワークが、現状ではアンモニアは化石燃料から作られているから製造時にCO2を発生させると抗議しています。
https://www.kikonet.org/info/press-release/2021-10-15/MatsushimaEIA1
https://www.asahi.com/articles/ASPCC6W57PCCUTIL04B.html

電源開発はアンモニアを頼りに石炭火力を延命したが、結局、石炭や天然ガスから作られたアンモニアしか使えないということになりかねない。そんなアンモニアを使うと日本国内では計算上CO2発生量が減ります。しかし、アンモニア輸出国でのCO2は増えてしまう。

つまり日本でCO2を削減しても、それはCO2発生を外国に押し付けているだけということになります。こんなことをやっていると日本はずるいと海外から非難される口実を作ってしまいます。

一方で、PoPeyeさんがおっしゃるように、オーストラリアでグリーン水素を作って日本に運ぶという考えについては私は大賛成です。オーストラリアだけでなく、サウジアラビアやカナダ(水力発電)なども可能性があります。これについてはデータを集めて、いずれ記事を書きたいと思っています。

ただし、ひにくれ者の私は、手放しのアンモニアよいしょ。水素よいしょ。の記事は絶対に書きません。そんな「よいしょ記事」はネット上に溢れていますし、そんな記事の多くがアンモニア発電推進会社からの発信記事です。都合の悪いことは一切表に出ません。

私のようなどの組織にも属さない人間だけが書ける記事を書きたいと思っています。アンモニア発電をやるならCO2を出さないアンモニア製造法を早く確立しろとかね。

PoPeyeさん。貴重なご意見ありがとうございました。ご批判、ご意見、いつでもウェルカムです。

2021年11月23日

【関連記事】
アンモニア発電…マスコミが報道しない問題点 このままではかえって温室効果ガスが増えてしまう

ブログ記事「アンモニア発電…マスコミが報道しない問題点」へのご批判について」への2件のフィードバック

  1. パウエロ

    面白い記事ありがとうございました。

    そもそもですが、PoPeyeさんの
    ”””
    自工会の豊田会長が自動車業界のみに単にEVシフトさせたって500万人の自動車産業の雇用は守れないと発言したのをトヨタの社長が泣き言を言ったととらえた一般の人も多かったようですが、
    ”””
    の発言に対してですが、私は泣き言にしか捉えることができません。逆にどう捉えたら泣き言以外の解釈ができるのでしょうか?またその場合どのような解釈になるのでしょうか?どなたか解説いただけますでしょうか。

    返信
    1. takarabe 投稿作成者

      パウエロさん コメントありがとうございます。
      トヨタ社長の言い分には私も賛成できませんが、経営者は雇用を守るという使命があるわけですから、泣き言というのはちょっと言い過ぎのような気がします。ただ、雇用を守るというのは、自動車業界の身内の話ですから、それは人のせいにしないで自分たちで考えてくれ、我々に押し付けないでくれと思います。
      従業員の雇用を守るということは、従業員の給与が製品に上乗せされ、その結果、消費者が負担することになります。また、雇用を守るためにエンジン車に固執しているうちに、安価な電気自動車が世界的に普及していけば、日本の自動車業界自体がつぶれます。そうしたらもっと雇用は守れないことは会長も分かっているのじゃないでしょうか。
      エンジン車が必要無くなれば、新しい分野を開拓して、そちらに雇用を振り向けるのが経営者の仕事だと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。