投稿者のページ

投稿者 カナタ コナタ  2024年2月16日
元記事 味の素(化学調味料)は石油から作られているから危険?

十数年前、ネット掲示板で味の素について、散々やりやった事があります。貴殿の記事は上手く纏められていて解りやすいです。味の素が石油抽出製法から撤退した理由の1つに国会で大問題に発展し新聞紙面に掲載され日本全国に知れ渡った事も関係します。いろいろな化学工場、製造工場ての事故が多く、様々な病気を発生させ損害賠償問題に発展していた社会背景もありました。安全と唄っても、不健康なイメージな拭えません。そこを経営者陣は決断してのだと思います。
WW2戦後の日本復興に大きく関わるロックフェラー財団…石油です。それはともかく、今から十数年前のドキュメンタリー番組で東南アジアの国で味の素の売れ行きが高いのに、ある病気が増えているという内容でした。一般家庭が買う味の素が5キロくらいの袋で買うのです。
それも驚いたのですが、料理で味の素を使う量に驚愕したのを今でも鮮烈に覚えてます。4人家族の野菜の炒め物に味の素を大玉3杯をの塊をぶち込むのです。見ていて気持ち悪くなりました。
病名は忘れてしまいましたが、精神的興奮とか麻痺とかの症状だった気がします。中毒性が高く味の素の量も増えていったようでした。私の父親は大の味の素好きで異常でした。とにかく何にでも味の素をかける。ズワイガニやタラバカニまで家族に味の素を強制する事で言い争いになった事があります。
父親は境界性人格障害者で、物事の捉え方が極端で、手のひらを返した様に味方を敵にしたり、理不尽に人間関係を切り捨てたりします。好き嫌い、喜怒哀楽が激しく、強烈な自己中心で家族は合わせるのに大変でした。母は昔はこんなひとじゃなかったと言ってました。ある意味で父親の食生活を見ていると、どうしても味の素のエスカレートが目に余ります。味の素中毒の多量摂取が人格変異を起こしたのだと自分は当時、考えました。
私の食生活では味の素やバイミー等の類は自らは摂取しませんが、外食や加工食品に含有されてるので、防ぎきれない事があります。特に加工食品では、製品によっては味覚かおかしくなったり、蕁麻疹を起こします。
それと、ダイエット目的の為に夫婦でボトル入りアスパルテームガムを毎日噛んで、半年経った頃、夫婦揃って同時期に記憶障害を起こしました。自分だけならまだしも妻まで…これは何かあると原因究明しました。アスパルテームの被害お同じだったのです。普段に口癖の様に使ってる言葉や話題が急に忘れてしまうのです。感覚で解ってるのに言葉で出てこない…気持ち悪い現象が夫婦で起きてました。夫婦揃ってアルツハイマーかと疑ったくらいでした。
しかし、アスパルテームガムを止めて、いろいろ食生活を見直したら徐々に記憶障害は改善していきました。現在も時折に思い出すのに苦労し根治してませんが。標準だと思います。人間は食べた物で出来ているは正しいかもしれません。
長々と書き込んで申し訳ありませんでした

返信

カナタ コナタさん 詳しい経験談をお教えくださりありがとうございました。大変興味をそそられました。なんでもそうですが、ある食品だけを大量に摂取するのはよくないでしょう。記事にも書いておきましたが、味の素を食べても問題ないといっても、調味料として通常使用する範囲内ならということです。おっしゃるように味の素を大量にぶち込むような料理はやはり問題でしょう。死に至らないとしても長期間の大量使用はリスクがあると思います。貴重なご意見ありがとうございました。

※ 申し訳ありませんが、コメントの一部につきましてGoogleアドセンスポリシーに違反する可能性のある内容(コロナワクチンの信頼性など)がありましたので、勝手ながら削除させていただきました。


投稿者 横浜未来機構  2024年2月3日
元記事 ひやっしーの危ういビジネス このままではグリーンウォッシュ

横浜未来機構という組織が数年前に横浜に誕生
横浜国大の当時の学長(今も学長?)が提唱してできたそうで公式HPや各種SNS等で活動内容を発信しているようですが
横浜未来機構のHPから引用すると
>イノベーション都市・横浜(YOXO)の基盤となる産学公民の推進組織です。
>街ぐるみでイノベーション創出を促進するイノベーション・エコシステムを形成し、持続可能な希望ある未来の実現を目指します。
早くも看板に偽りあり?
イベント情報によると、2月最初の週末、横浜みなとみらい地区を中心にイベントがひやっしーと火星の話、大丈夫ですか
横浜国大の学長、理系出身で物理方面が専門のようでひやっしーの内部を確認しなくていいのかなあ化学者(科学者?)以前の問題が

返信 
横浜未来機構さんコメントありがとうございます。
未来機構のHPを見ました。なんで宇宙とドローンエリアに展示されるのか不明ですが、発明者が火星に住みたいと言っていることが関係しているのかな。ちなみにひやっしーの発明者は火星の大気からCO2を回収して燃料にして火星で使うと言っているのがForbesの記事にありましたが、火星には酸素がないので燃料を作っても燃やせません。そもそも、火星大気中のCO2濃度は95%もあるのでひやっしーでわざわざ回収する必要もありません。どうも言っていることがずれています。
まあ、かれはタレントですから何を言ってもいいのかもしれません。ただ、HPに「ひやっしーが回収したCO2は燃料になり、運輸部門のCO2排出量を大幅に削減します」と書かれていますが、実現しているわけでもなく、実現する可能性も怪しいのに、この表現はフライングですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。