ほとんどの薬は石油から作られているから飲むと危険?


医薬品はほとんど石油から作られている。だから毒性があって危険なので飲まない方がいい。そんな話を聞いたことがあります。あるいは、食品には食品表示法という法律があって、原材料名を明記することになっているのだから、「薬も石油が原料なら石油からできていますと明記してほしいですね」という意見も聞いたことがあります。

石油って偉大ですね。ガソリンプラスチックアスファルトだけでなく、薬まで作ってしまうのでしょうか。そして石油から作られた薬って危険なのでしょうか。

申し込むだけで毎月の電気料金が安くなるかも。
まずはシミュレーション↓

1.結論

  • 医薬品のほとんどが石油から作られているとは言えないが、かなりの種類の医薬品原料の元の元をたどると石油にたどり着く場合がある。
  • しかし、原料が石油だから薬は危険だというのは間違い。

2.薬の製造方法

医薬品は多くの場合、元々は天然物から抽出されていましたが、化学構造が明らかにされると、人工的に合成されるようになりました。人工的に合成を行う場合、その原料として石油から作られたものが用いられていることがあります。

例えば抗生物質のペニシリンは、最初は青かびから抽出されましたが、化学構造が明らかになると、人工的に合成されるようになりました。ビタミン類もそうです。

ビタミン類は食品の中に含まれますが、現在では化学的に合成することが可能なっているものもあります。

ペニシリンの化学構造
ビタミンCの化学構造

では「すべての薬が石油から合成されている」のでしょうか。まず、化学構造が複雑で合成しにくい場合や、天然物から抽出した方が安く、十分な量が確保できるのなら、合成によらずに天然物を精製して薬としています。

あるいは化学合成によらず、微生物を使った発酵法によって薬を作る場合もあります。この場合は、石油由来の原料を使うことはほとんどないでしょう。

また、化学合成で作るとしても、その原料が必ずしも石油とは限らない場合もあります。石油より安価で入手性が良ければ石油以外の原料も使われます。

3.アセチルサリチル酸(アスピリン)の例

例えば、アセチルサリチル酸の例で説明します。アセチルサリチル酸は商品名をアスピリンといい、頭痛薬、鎮痛剤としてよく知られていますよね。バファリンにも含まれている成分です。もともとはヤナギの樹皮から抽出されたサリチル酸が痛み止めとして使われていたのですが、その副作用を抑えたものがアセチルサリチル酸です。

アセチルサリチル酸は化学合成で作られています。その作り方を参考までに以下の図で示しています。説明が面倒臭いと感じる人は、★まで読み飛ばしてください。

アセチルサリチル酸はフェノールという物質に炭酸ガス(CO2)、水酸化ナトリウム(NaOH)、硫酸(H2SO4)を使ってサリチル酸を作り、サリチル酸に無水酢酸を化合させて作ります。これらの原料のうち、炭酸ガス(CO2)、水酸化ナトリウム(NaOH)、硫酸(H2SO4)は石油ではありません。

フェノールはベンゼンという物質から作られます。ベンゼンはもともと石炭から作られていましたが、現在では石油から作られることが多くなっています。

無水酢酸はケテンと酢酸から合成されます。酢酸は酢の成分でから害はありません。ケテンはアセトンという物質から作られ、アセトンは石油からも作られますが、一般的には酢酸カルシウムの乾留工程で副生されるそうです(ウィキペディアから)。

★このように、合成医薬品は、非常に複雑な工程で作られ、その原料は何種類も用いられますが、そのうち一部で石油から作られたものが入っている場合もあるという状況です。

医薬品に石油由来の物が含まれているかどうかについては、このように製造工程をいちいち調べて、その原料がどこから来たかを調べなければわかりません。

石油由来の原料が使われていない場合もたくさんありますから、薬はすべて石油から作られているとは言えませんね。しかも、石油由来の原料が入っているとしても、それは原料のうちの一部に過ぎません。

ちょっと話がずれますが、サプリメントは石油とまったく関係のないものが多くあります。例えば コレステロール値を低下させ、血管障害を予防する。胎児や乳児の脳神経の発達を促進するといわれるDHAやEPAは、サプリメントとして例えばサントリーや味の素などから市販されています。

実はこのサプリメント、DHAやEPAそのものではなく、DHAやEPAを含んだ魚の油をカプセルにしたものなのです。当然、原料は石油ではありませんが、効果があればそれでいいわけです。

4.石油が原料の薬は危険なのか

では、石油由来の原料が使われていた場合、その薬は危険なのでしょうか。答えはノーです。

薬の化学構造がまったく同じなら、それが石油由来の原料から作られていようが、天然物から抽出したものであろうが、まったく同じです。石油から作られたから危険とか、天然物から抽出したから安全ということは一切ありません。

なぜか。それは、同じ化学構造であれば、その作り方が合成であろうが、天然物の抽出であろうが、人間の体はどちらも全く区別がつかないからです。人間の体は、化学構造が同じなら同じように反応します。

食品表示法では食品に原材料名を記載することになっていますが、それはどうしてでしょうか。それは、食品の場合は単に原材料が混ざっているだけだからです。

例えば、砂糖が含まれていれば、甘く感じ、塩が含まれていればしょっぱく感じます。それは砂糖が甘いからであり、塩がしょっぱいからです。つまり原材料の性質がそのまま、食品の性質に引き継がれます。

あるいは、原材料に大豆を使っている場合は、大豆アレルギーのある人はアレルギー反応を起こすことがあります。それは大豆に含まれるアレルギー物質がそのまま、食品の中に入っているからです。

しかし、薬の場合は、石油由来の原料を使っているからと言って、石油の性質がその薬に受け継がれることはありません。それは、単に石油が混ざっているわけではなく、化学反応を起こした結果、薬の化学構造になっているからです。石油のもとの性質はまったくなくなり、薬としての性質に完全に変わってしまいます。

つまり、食品の場合は原料の混合物ですから、原料の性質が残ります。しかし、薬の場合は化学反応によって化合物になっていますから、ものと原料の性質はまったく残りません。混合物と化合物の違いです。

だから、薬が何から作られたかを表示しても意味がありません。

5.薬は用法、用量を守って安全に

薬は、はじめは天然物から抽出されてきました。中には非常に高価でお金持ちしか使うことができない薬もありました。しかし、その化学構造が明らかになり、人工的に合成されるようになると、価格が劇的に低下し、一般の人々もその薬を使えるようになってきました。その結果、命を救われた人の数は数えきれないでしょう。

薬の化学構造は非常に複雑で、合成することはとても難しいのですが、化学者たちが知恵を絞ってその化学合成方法を発明し、今日では多くの医薬品が化学合成で作られています。

(私は大学で化学を学びましたが、大学の研究室の中でも合成化学をやっている人たちというのは、できるだけ難しい化合物を合成することに生きがいを感じる人たちです)

その原料の中にはもともと石油だったものもありますが、合成されてしまうと石油の性質はまったくなくなり、医薬品としての性質に完全に変わっています。石油だから危険とか、天然物だから安全とか言うことは全くありません。

ただし、薬というものは必ず副作用があります。「薬と毒は同じものである。違うのはその量だけである」という有名な言葉があります。原料が石油だろうが、天然物であろうが効き目は同じですが、副作用も同じです。むやみに薬を使うと、その薬の原料が何であろうが危険であるということは同じです。

2022年3月23日改訂

【関連記事】
健康食品やサプリメントは 効く? 効かない? どうやって選べばいいのか?
化粧品は本当に石油から作られているのか 美の伏魔殿へようこそ
妊婦はシーフードを食べなさい|オメガ3、DHA、EPAって何?
無添加石鹸は本当に無添加? 石鹸の化学
酵素サプリは身体にいい? 効果のあるものもあるけれど・・・
味の素(化学調味料)は石油から作られているから危険?
コーヒーフレッシュは石油から作られている? いろいろ悪評があるが
マーガリンはプラスチックだから食べてはいけない?(顕微鏡で見たらそっくり?)
マーガリンはプラスチックだから食べてはいけない?(ゴキブリも食べない?)

ほとんどの薬は石油から作られているから飲むと危険?」への8件のフィードバック

  1. ブンババ

    と、言っても やっぱり天然物がいいな
    石油を掘る為に、大量の二酸化炭素が出てるもんね

    返信
    1. takarabe 投稿作成者

      ブンババさん、コメントありがとうございます。
      「やっぱり天然物がいいな」
      私もそう思います。でも純粋な天然物となると漢方薬くらいしかないしね。
      薬は石油でなくてもいろいろな原料から作られています。

      返信
      1. 井上まゆみ

        アメリカのPDRには、純粋な天然物のサプリが記載され、医師が処方してますね。
        カラダについて考えるのは大切!
        貴重な投稿をありがとうございます。

        返信
        1. takarabe 投稿作成者

          貴重な情報ありがとうございます。
          アメリカのPDR、さっそく検索してみました。ものすごい情報量ですね。さすがにアメリカ。参考にさせていただきます。

          返信
  2. デレク

    ビタミンたっぷりの野菜や果物をたくさん食べてもオシッコは黄色くならないけど
    ビタミン剤を飲んだ後はオシッコが凄く黄色くなるのはなぜ?
    天然のビタミンと合成のビタミンの違いを人間の身体が判別しているからではないのですか?

    返信
    1. takarabe 投稿作成者

      記事を読んでくれてありがとうございます。また興味深いご質問感謝します。
      私も時々アリナミンのようなビタミン剤を飲みますが、オシッコが黄色くなりますね。これはオシッコにビタミンB2が混じるからなのだそうです。ビタミンB2はそれ自体が鮮やかな黄色をしていますから。
      ビタミンB2は、必要とされる量(1㎎~2㎎)より多く摂取すると、余剰分がオシッコとして排出されるのでオシッコが黄色くなります。
      例えばアリナミンに含まれるビタミンB2は1回3錠飲んだとして12㎎ですので、それだけで余剰になってオシッコが黄色くなります。
      一方、野菜、たとえばホウレンソウ100gに含まれるビタミンB2は0.2㎎、果物、たとえばレモン100gに含まれるビタミンB2は0.07㎎しかありません。
      野菜や果物はビタミンたっぷりと思われているかもしれませんが、意外に少ないのです。だから必要量を超えないのでオシッコは黄色くならない。(というかビタミン剤のビタミン量が無茶苦茶多いということ。)
      オシッコが黄色くなるかならないかは、人間の身体が天然のビタミンとビタミン剤のビタミンを判別しているわけではなく、単に量が多いか少ないかということのようです。

      返信
  3. そもそも

    石油は人間が作り出したとても体に悪い人工物という認識がそもそもおかしい。
    石油も地球に存在する天然の物質であり、自然そのものだ。

    自然界にはとても体に悪くて口にしたら死んでしまう毒だって数多くある。
    自然=体にいい、石油=自然ではなく体に悪い、なんていうおかしな思い込みを正すべき。

    返信
    1. takarabe 投稿作成者

      そもそもさん 記事を読んで下さってありがとうございます。
      おっしゃる通りだと思います。
      石油からできているから危険、天然物だから安全という思い込みが世の中に浸透しているのでしょうか。
      また、薬は石油からできていると思っている人が意外に多いと感じますが、石油はそれほど万能じゃありません。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。