イーレックスの水素発電は理解不能 水の分解エネルギーの出どころが不明

16日の日経新聞によると、新電力大手のイーレックスは、来年3月に山梨県富士吉田市において日本で初の水素専焼発電所を稼働させる。イーレックスはバイオマスのような再生可能エネルギーを中心に発電し、その電力を供給する会社で、2015年に東証一部上場となっている。
水素発電自体は脱炭素社会を見据えて、大いに期待したいところである。しかしながら、このプロジェクトがどうも理解不能なのだ。
問題は水素の出どころである。一般には水素は石油のような化石燃料を原料とするか、水を電気分解して作る。今回の水素はハイドロゲン・テクノロジー社(以下HT社)が持つ技術を用いて水から作るという。HT社のHPによると、水と岩石由来の触媒のみにより低温低圧で水素を取り出すというが、そんなことが可能なのか
この岩石由来の触媒というのが「超マフィック岩」と呼ばれるもので、その反応機構はまだ未解明ながら、確かにこの鉱物と水との反応で水素が発生することが知られている。ただし、水は非常にエネルギーレベルの低い物質であるから、これから水素を取り出すには多量のエネルギーを必要とする。だから電気分解では電気エネルギーが、石油を使う方法では熱エネルギーが大量に消費される。
「超マフィック岩」を使ってもこの関係は変わらないはずである。つまり、水から水素を取り出すには多量のエネルギーを必要とする。そのエネルギーをどうやって投入するのかがこのプロジェクトでは何の説明もないのである。
もしエネルギーの投入が不要だとすると、超マフィック岩自体がエネルギー源となっているのか。その場合は超マフィック岩を継続的に投入し、水素を得た後、使い済みの超マフィック岩が大量に廃棄されることになる。
実は水と反応して水素を出す物質は珍しくない。よく、水で走る自動車などというものが紹介されることがあるが、その多くは水と反応して水素を出す物質(マグネシウムなど)を使ったもので、マグネシウムなどを使い終われば、もう自動車は走らない。まさかこれと同じようなものではないだろうねと疑ってしまう。
水を分解するためのエネルギー源がはっきりしないという点で、このプロジェクトは理解不能である。

イーレックスの水素発電は理解不能 水の分解エネルギーの出どころが不明」への2件のフィードバック

  1. 河合利彦

    色々再生エネルギーなど調べていたら、こちらのサイトに行きつきました。
    私もこのニュース見て疑問に思いました。ここの社長の名前で特許を検索できましたが、これではアルミも使っている様でした。実験システムでは不明ですが、似たような物ではないかと思います。

    返信
    1. takarabe 投稿作成者

      河合様 コメントありがとうございます。
      水素を供給する会社のHPを見ても、どういう原理で水素が発生するのかまったく記載されていません。
      緊急時用電源用の水素発生や、化学工場で簡易的に水素が欲しいときに使える技術かもしれませんが、発電用となるとクエスチョンです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。